ロゴ

お得な料金で利用が可能【レンタルサーバーの相場を知ろう】

レンタルサーバーって何?

サーバーとは、ファイルやデータをネットワーク上のクライアントに提供するコンピュータのことをいいます。そして、レンタルサーバーは、インターネット上でホームページを公開する時などに、サーバーを貸してくれるサービスのことをいいます。

クラウドとレンタルサーバーの違い

クラウドとはどういうサービスか

クラウドは、正式名称をクラウドコンピューティングといいます。ユーザーが、サーバーやストレージやソフトウエアを、ネットワークを通してサービスが必要な時だけ使用するサービスのことです。

レンタルサーバーとは

サーバーを業者に借りて、ホームページなどの運営を行うサービスのことをレンタルサーバーといいます。レンタルサーバーの中には、1ヵ月数百円で利用できるものもあります。

レンタルサーバーを利用する際には業者選びも重要となる

パソコン

レンタルサーバー業者選びのポイント

レンタルサーバーを選ぶ時は、どのような目的で利用するかによって変わってきます。例えば、スペックよりも費用を重視する場合、1ヵ月数百円の安価で利用でき、1つのサーバーを複数のユーザーが共有する共有サーバーを選択すると良いでしょう。
また、スペックを重視するのなら、1人のユーザーが1台のサーバーを占有できる専用サーバーを選択すると良いでしょう。その他にも、共有ドメインで運用か、独自ドメインで運用するかによっても違ってきます。

パソコンを操作する人

レンタルサーバーの料金相場について

レンタルサーバーの料金は、使用する目的や、サイトの大きさなどよって異なります。例えば、複数のサイトを運営せずに、趣味の範囲内でサイトの運営をするために、レンタルサーバーを利用する場合は、月額数百円から1.000円くらいが料金相場になるでしょう。
また、大容量のサイトや複数のサイトの運営のために、いろいろな機能が付いているレンタルサーバーを利用する場合は、月額2.000円から5.000円くらいが料金相場といえるでしょう。

男の人と女の人

法人向けレンタルサーバーと個人向けレンタルサーバーの違い

法人向けレンタルサーバーは、顧客情報を管理したり、ビジネスに使用するため、高い安定性と高機能が要求されます。顧客情報などのデータの消失が起これば、高額な機会損失となる可能性もあるため、ハイスペックなレンタルサーバーが必須なのです。そのため、法人専門のレンタルサーバーや法人専用プランがあります。
一方、個人向けのレンタルサーバーは、営利目的でなく趣味でサイトを運営する場合などは、高性能よりも低費用を重視する場合もあるのです。

PC

自社サーバーでなくレンタルサーバーにするメリット

自社サーバーの場合は、設置費用や設置スペースなどのサーバーの設置についての配慮を、自社ですべて行わなければなりません。また、突然停電になった場合などの対応についても、すべて自社で行います。
一方、レンタルサーバーは、サーバーの設置についての配慮も、停電になった時の対応もすべて業者が対応してくれますので、手間と費用の削減ができるのです。また、レンタルサーバーは、サーバーダウンをすることもほとんどないことがメリットです。

レンタルサーバーの種類

男の人

比較的安価な共有サーバー

共有サーバーは、1台のサーバーに複数のユーザーが共有します。比較的安価なのが特徴で、メモリの使用制限などがあります。

専用サーバー(root無し)

専用サーバーは、1台のサーバーに1人のユーザーが独占できます。ただし、root無しのため、自由度が低くなります。

専用サーバー(root有り)

専用サーバー(root有り)は、サーバーやミドルウエアなどの変更権限があるところが、root無しとの違いです。

わりと自由度の高いVPSサーバー

VPSサーバーとは、1台のサーバーの中に複数の仮想サーバーが割り当てられています。仮想サーバー内で変更権限を持っているのです。

[PR]
0円パソコンを多数販売中!
低価格でネット環境が整う